2013年09月23日

東京都内のフランス書籍専門店

前回のエントリで仏仏辞典を買ったことを書きました。今回はどこで買ったか、という話。

端的にいうと、都内にあるフランス語書籍専門店に行ってきたのですが、ちょっとややこしいことが。

語学講師のお勧めやウェブサイトによると、フランス語図書のお店は都内で二つくらいあるらしく、それを頼りに以下の二店を訪れることにしました。
フランス図書
欧明社

フランス図書は新宿、欧明社は飯田橋にあるということで、まずは家に近い新宿のフランス図書にいくことにしました。

ホームページの住所を頼りに、新宿駅西口郵便局あたりをうろついてみるものの一向に見当たらない。歩けど歩けど見つからない。住所はこの辺なのに、と思いながら、再度ウェブサイトをチェックしてみる。
すると、住所の上にちょこっと書いてありました。

2013年5月、小社は下記へ移転しました。
移転先に店舗はございませんが、公費でのご購入や、私費ご購入分の通信販売など、店頭販売以外のご用命はこれまで通り承ります。電話・電子メール・郵便等でお申しつけください。

フランス図書さんは、現在店舗を構えていないようです。残念。オンラインで購入するとき利用することにしよう。

ということで向かったのが飯田橋。欧明社は飯田橋から5分くらい歩いた路地にありました。雰囲気のある店構え。

oumeisha.jpg

フランス語辞典を何冊か手に取り、上述のle robert & cle と比べながら吟味して、当初の予定通りの仏仏辞典を手に入れました。欧明社さんは、店のなかにぎっしりフランス語の書籍が詰まっていて、もっとフランス語ができるようになって、通いたいなぁとおもうようなお店でした。ベナンから帰ってきたらまた寄ろうと思います。

そんなこんなで、現物を見ながらフランス語図書を探すのであれば、飯田橋の欧明社さんに行くのが良いのかなと思います

今日も、お読みいただきありがとうございました。
posted by 木村だっくす at 15:47| Comment(0) | フランス語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月22日

仏仏辞典買いました。

9月17日に派遣前訓練を修了しました。
後半はまったくブログ更新できませんでしたが、書き溜めたメモを起こして後々少しずつやったこと、思ったことを公開しようと思います。

帰ってきてから、いろいろと派遣に向けた準備をしています。準備すべきものはいろいろとあると思いますが、今回買ったのは、フランス語学習のための仏仏辞典
訓練期間中、語学講師から仏仏辞典を使いなさいと強く勧められていました。ただ、辞典は高いので、現物を見て、何冊か比較してから買ったほうがよいとのこと。そこで、フランス書籍を専門に扱っているお店に探しにいきました。

飯田橋の欧明社さん

Le Robert & CLE international, Dictionnaire du français 

という仏仏辞典を購入しました。
le dictionnaire.jpg
訓練期間中、図書館においてあったこの辞書を使ってよく勉強をしていて、使い慣れていたので、これにしました。
僕が思うこの辞典を良いポイントは、
説明が難しすぎない(使ってみてなんとなくそう感じる)
フォント(色使い、文字の大きさ)がちょうどよい・見やすい
同じサイズの他の辞書よりちょっと軽い(持ち運びが少し楽)

ベナンで穴があくほど使っていくつもりです。


今回、仏仏辞典と同時に、カミュの『異邦人』(Albert Camus - L'étranger)も購入したので、フランス語学習に使いたいと思います。(知らない単語ばっかでだいぶ苦戦していますが。)

また近々、この前までの訓練の様子とか準備の状況とかをアップしていきたいと思います。
お読みいただきありがとうございました。
posted by 木村だっくす at 17:49| Comment(0) | フランス語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。