2014年03月26日

DELF受けてきた

大変ご無沙汰しております。ブログ更新が停滞していた間、いろいろとありましたが、私はなんとか生きています。

さて、先日、ベナンでは年1回しか開催されないフランス語能力試験(DELF、デルフ)を受けてきました。

DELFの詳細に関しては、リンクを貼るだけにして、ここではすごく簡単に説明すると、
フランス語の聴く能力、読む能力、書く能力と話す能力を測る総合的なテストです。

DELFには試験のレベルがいくつかありますが、僕が受けたのは、B1とB2。日程は。B1が3月19日、B2が20日でした。
レベルはA1から始まり、A2,B1,B2,C1,C2と難しくなります。僕からみた今の僕のフランス語力はB1とB2の間くらい。(ベナンに来る前のフランス語力に関しては、以前の記事「ベナンで苦しむ僕のフランス語力を紹介します。」を参照してください)

さて、受けた感想ですが、
聴く:B1が思ったより難しく、B2が思った通り難しかった。
読む:そんなに難しくない
書く:制限時間に焦る
話す:B1は、できたのかできてないのか把握できない感じ。B2は圧倒的なミス!


聴くと読む
正直、B1はちょっと舐めてかかっていました。実際、DELFのウェブサイトにある練習問題を解いてみたところ、聴解と読解に限って言えば、それぞれ25点中、20点を超えていたので、本番もまぁいけるだろう、くらいの気持ちでいました。

しかし、本番になってリスニングが始まると、なにこれ珍百景状態。未知の土地に足を踏み入れたような、もう何を話しているのか、というか何が起きているのか分からない状態になりました。しかも、回答のほとんどは選択方式でなく、記述式だったので、あてずっぽうも使えない状態。何事も舐めてかかってはいけない、という教訓を得るとともに、リスニング終了間際から、朝舐めるようにして飲んだ飲むヨーグルトが下腹部を攻撃してきて、以後、DELFとヨーグルトという二つの敵と戦わなければいけなくなりました。

読解や書きに関しては、僕はそんな大きな苦労はなかったのですが、ヨーグルトとの戦いのせいで貧乏ゆすりが激しくなり周りの受験者には苦労をさせたかもしれません。

B2のリスニングは試験の前から「B2のリスニングはやべーどぅ」と独り言をつぶやいていたように、やべーかったです。ですが、読みに関しては意外と読みやすい題材で、結構正答率もいいんじゃないかと思えるような内容でした。

聴くと読むの対策とその効果
B2受験対策用として聞き取りの練習兼語彙力強化を狙い、日ごろRFI(フランスのラジオ局)のLe Journal en Francais Facile(簡単なフランス語のニュース、面倒なので以下「フフ」)を聞いています。

この「フフ」の効果についてですが、
聞き取りに関して言うと、B2受験者用としては、「フフ」では全然間に合いません。B2の聞き取りのスピードは、「フフ」の1.2倍の速度(もっと早いかも)なので、情報処理のスピードがついていきませんでした。僕は、「フフ」を聞いても、一回で理解できるのは大まかな部分だけで、ちゃんと理解するためにはスクリプトを見なければだめなので、B2に歯が立つわけはありませんね。

ただ、この「フフ」は、B2読解向けの語彙力強化にはいいかもしれません。試験本番の読解でも、「フフ」で覚えた単語がいくつも出てきました。しかもそれらの単語が、ちょうど設問で問われるような文章の中心的な単語だったので、「フフ」さんのおかげで理解できたーって思うところも少なくなかったです。

書く
さて、書きですが、B1、B2両試験とも制限時間との戦いでした。特にB2では、試験官が「残り30分」と言ったときに、「残り5分」と聴き間違いをして(なぜ)、焦って仕上げようとして、必要最低単語数に足りないという大事件が起きました。「長い5分だな」と思った時に、自分が時計もっていることを思い出して、確認してみるとまだ15分ほど残っていました。おっちょこちょい、というかわいい形容詞をつけて自分を慰めることにします。

そんなくそバカな僕は、ボールペンで文章を書いていたので、書いたものをぐちゃぐちゃと消す以外に手段はなく、ぐちゃぐちゃ消して書きなおして、という作業をしたら、それはそれは大変汚い答案用紙が出来上がりました。その答案用紙を見ただけでも不合格を突き付けたくなるような「きったねぇ」解答となってしまったことは、今後も反省して行こうと思っています。

話す
これに関しては、ほとんど何も準備せずに臨みました。話す、ではお題が与えられて、そこからテーマの抽出、問題提起、議論の展開(ここまでが個人のプレゼン)、そして試験官との質疑応答をすることになっています。

「テーマの抽出が必要なのは、これからどんな事柄について話すのかを試験管と共有するためで、プレゼンの始めにしっかりと示さなければならない」

これは、試験官に言われた言葉です。そう、試験中に忠告を受けました。つまり、テーマの抽出をしなかったのです。なんとなく、頭の中に描いただけで、それを試験官にしっかりと伝えなかった。質疑応答で「テーマは?」と聞かれた時も、頭のなかでふわふわしていたからうまく伝えることが出来なかった。

さらに議論の展開部では、具体的な例を交えながら、自分の意見のサポートしなければならないところ、具体例をほとんど提示しないという失態を犯しました。

これ以上書くと嫌になるので、ここらでやめますが、とにかくB2の「話す」は絶望的な出来で、このせいで合格は遠のきました。


まとめ
試験はこんな感じでした。結果は、約1カ月後にわかるそうです。舐めていたB1もやらかしたB2も全体的な出来はあんまり良くなかったので、どっちもかなり不安です。結果をみるのが非常に怖い。しかも結果は試験会場に張り出されるという辱め付き。

今回の試験の失敗から学んだのは、とりあえず僕の「フランス語はしょぼい」ってことです。今後、猛烈に勉強しなければ!という気持ちになりました。

てことで決めました。もう勉強します。来年の受験のときにはB2余裕合格、C1ギリチョン合格、つまり来年までにフランス語力「中の上」を目指して勉強します。

・RFIは1.2倍の速度で聞く、フランス映画を見る
・Jeune Afriqueという雑誌、LeMondeオンラインで読みと語彙力を鍛える
・時折、テーマにそって(主にB2対策用問題集にあるテーマ)書き、Lang-8という語学学習SNSサイトに投稿する
・いろんなテーマについてベナン人と話す。その時に自分の使っているフランス語の正確さも意識する。
・文法をしっかり学ぶ(接続法などもしっかり)。中級者用文法書の購入も検討中。


最近、どこかで「1万時間の法則」ということを聞きました。超一流になれるかどうかは才能ではなく、それに対して1万時間の時間を割く努力が出来るかどうか、という意味です。
1日10時間で1000日(3年弱)、1日5時間で2000日(5年半)。

この計算だと、1日10時間やっても協力隊派遣期間中に超一流にはなれませんが、1日3時間(1年で1000時間ちょっと)、可能なら5時間くらい(1825時間)取るつもりで勉強を続けていけば、1年後には「中の上」になれるかもしれないという気持ちで勉強して行こうと思います。

そうなると、ブログ記事を書いてる時間がもったいないので、そろそろ書くのをやめます。Jeune Afrique読もうっと。

それでは。
ラベル:フランス語 DELF
posted by 木村だっくす at 08:01| Comment(5) | フランス語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。