2013年06月09日

学校保健報告会とフランス語

Bonjour:)
あれ、bon jour? bonjour? つなげましたっけ?

こんなレベルのフランス語です。

さて、今日は、名古屋某所で行われた学校保健に関する報告会に参加してきました。
アフガニスタン、中国、エジプト、フィジー、ガーナ、ネパール、南アフリカ、そしてベナンからの訓練生が各国の学校保健の現状について発表しました。地方政府の役人や歯科医、看護師などです。

各国の学校保健を取り巻く環境や学校保健に対する政策の違いが見れて面白かったです。

アフガニスタン、ベナンは学校保健に対する明確な政策やプログラムが打ち出されていない一方で、ガーナや南アフリカは関係省庁が協力して学校保健政策が作られているようです。
共通していたのは、学校保健が教育省と保健省にまたがる分野であるため、政策の立案・実施は容易でない点です。教育省も保健省もそれぞれ別個の計画で動いているため足並みをそろえるのが難しいのですね。

教育省・保健省の連携以外に、ベナンでは、保健や健康に関する認識が低いこと、トイレ・給食・きれいな水が不足していることが主な課題・問題として挙げられていました。
手洗いのための水を確保するため、ベロニカバケットVeronica Bucket (下の写真)というものが使われているそうです。ガーナ発みたいですね。ベナンでは、ユニセフの支援等を受けながら、こうしたものを導入しているとか。ベロニカバケットの構造自体は簡単なので、ローカルリソースで作れそうですが、どうなんでしょうか。現地で確認したいと思います。
Veronica Bucket - ghana together.node.jpg


こうした学校保健に関する発表を聞くことも僕にとっては有益だったのですが、それと同じくらい、もしくはそれ以上良かったのは、「フランス語もっと頑張らなきゃいけん」と思えた事かもしれません。モチベーション。
発表者の中に、ベナン人もいて、ベナンについていろいろ聞きがてら、フランス語も使ってみよー、と思って話していたのですが、いやー、なかなか難しいですね。簡単なことなら話せても、相手が何言ってるのか全然わからない。かろうじて聞き取れた単語で返答する。そんなぎこちない仏会話でした。。。
現地で、「活動」をすることを考えると、フランス語は、今よりはるかに上達させないとヤヴァイな、と思いました。

とにもかくにも、相手が何言ってるか分からないのでは、会話にならないので、今後はもう少し、リスニングスキルに重点を置いて勉強していこうかと思います。
今やっているリスニング勉強法は、podcast francais facile でのディクテです。
ですが、ぼくが聞いているディクテは、短いストーリーを読みあげているもので、活動上のニーズとは若干外れているかも、と思いました。francais facileは色んな題材を用意しているようなので、今後は、会話を題材にしたディクテもやってみようかと思っています。


今日知り合ったベナン人。初等教育省アブランク(Avran Kou)学区の代表をされてる方でした。
どうやら、僕が派遣されるサケテの学区代表の方ともお知り合いみたいで、つなげてくれるみたいです。こうやって、知り合いの輪を広げていければ、活動もやりやすくなんでしょうかねぇ〜。

とにかく、色んな学びがあった一日でした。誘ってくださった元ベナン学校保健隊員の方、ありがとうございました!

お読みいただきありがとうございました。
posted by 木村だっくす at 03:54| Comment(0) | 活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。