2013年07月26日

【17日目】仏語は英語じゃない。

訓練17日目。あと53日。

最近、時間がたつのがだんだんと早くなってきました。
こんなんだと、あっという間に訓練も終わって、ベナンに行く日がくるのだろうな。。。
それまでにやることはやっておきたいものです。


さて今日は、仏語のスピーチがありました。約5分間。
トピックは自由に決めて、司会進行も自分でやります。
speech.jpg

自分の出来としては、まずまず。今の段階では、それなりにおっけーなレベルだったのでは。

講師の評価は、「悪くない(Pas mal)」でした。
あまり褒めない講師なので、Pas malは比較的良い評価だと思います。

しかし、同時に注意されました。

僕の中では、フランス語と英語はすごく似ていると思ってます。多くの単語が共通してるし、日本語と英語の違いに比べたら、フランス語と英語なんてほぼ同じ言語だろ、みたいに思ってます。
フランス語でわからない単語があったら、英語をフランス語読みすればある程度伝わるんじゃないかって考えです。

そんなんだから、今日、注意されました。
フランス語は英語じゃない。フランス語を話すときに、英語(フランス語発音)で単語を代用しすぎだと。

「英語とフランス語をごちゃまぜに話しているとどっちの言語も中途半端になってしまうよ。」
「英語が分かる人に話す時は良いけど、フランス語しか話せない人は、理解してくれない」

こう言われてハッとしました。

当然なんですが、そうだよなぁと思いました。

ベナンには、英語を話せる人はほとんどいません。
一部の優秀な人たちを除いては、皆話しません。
以前、アブランクーの視学官事務所の所長さんとお会いしましたが、彼ですら(視学官事務所所長ですら。※ちなみに、僕の配属先も視学官事務所。)英語がまともに話せなかった。


中途半端な英語の力を借りることなく、フランス語の能力を高めていかないといけませんね。
もうすこし頑張ってみます。


最後に今日のスピーチで使ったワンフレーズ(辞書の例文の受け売りです)

Il ne faut pas mesurer les autres à son aune.
(自分の物差しで他人を評価してはいけない。)
心に留めておきたいフレーズです。

お読みいただきありがとうございました。
posted by 木村だっくす at 23:12| Comment(0) | フランス語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。