2013年10月22日

ホモセクシュアル

突然ですが、同性結婚についてどう思いますか?賛成?反対?

私自身は、誰を好きになるかなんて個人の自由なので、社会がそれを禁止する理由はないと思っています。別にいいでしょ、と思うくらいが当たり前というか、こういう考えが社会の中でも受け入れられつつあると思っていました。

ベナンでは違った。現地語学講師ラオ・アニセ(LAO N. Anicet)は、「同姓婚なんてありえない!問題だ!」として、まったく受け入れられない様子でした。

まぁ、真っ向から対立いたしましたので、以下、アニセ(A)とだっくす(D)の間で交わされた議論を掲載します。

131011_Les mariages gay(aricet et moi)small.jpg

きっかけは、アニセのほうでした。

A:「社会が発展することは問題を引き起こす。Le developpement donne un problem.
たとえば同性愛者とかね。同性結婚とか考えられない。あれは「発展した」社会の問題だ。最近、同性結婚を認める国が出てきているけど、日本ではどうか。同性結婚できるのか?

D:日本ではまだ認められていないヨ。

A::それは最高だ。それは、マ ジ で 最高。ジャポン、セボン!同性愛なんておかしい。自然の摂理に反している。それは、発展した社会の問題だ。同性結婚というアイディア自体が大嫌いだ。おかしい。社会が発展するとわけのわからない問題が生まれる。

D:同性結婚は問題なの?

A:問題だよ!男と女が結びつかなければ、子孫は残せない。女性だけでは子供も産めない。同性愛を認めれば、子孫が残らなくなる。人間が生き残っていけなくなる。そもそも、昔から、人間は男女で一つ、子孫を残してきた。同性愛なんておかしい。すごくおかしい。男と女、それが自然の摂理。

D:でも、同性愛者は全体の一部しかいないのだから、問題ないのでは?同性愛者は、全体でも1%しかいない(注:何の根拠もない発言)。仮に同性結婚を認めたとしても、他の大多数の「普通」の人たちから子供が産まれるのだから、人間は生き残っていける。

A:でも、それは普通じゃない。おかしい。男が男を愛するなんて。社会が発展するとこういう変な問題がおこる。男が女を愛して、女が男を愛するのが「普通」だ。同性愛者は問題だ。

D:同性愛者の何が問題なの?だれを愛するかなんで個人の自由じゃない。

A:「自由(La Liberté)」。でた、「自由」。自由っていう言葉を使えば何でも許されるとでも?無制限な自由が認められていいのか。無制限な自由が認められるのであれば、今、俺がそこらへんにいる女の子を好き勝手に抱きしめても問題なくなる。街中でバイクを運転してて、かわいい子みつけたら、そっちいってその子を抱きしめてキスだってできるようになってしまう。これが許されるか?許されないでしょ。自由って言ったって、無制限には認められない。

D:でも、それと同性愛者は違うでしょ。

A:「自由」を認めれば、たとえば泥棒だって問題なくなる。泥棒だって、やりたいことをやっているだけだ。盗みたいから盗んでる。自由を認めればそれも許されることになる。でも泥棒は、悪いことをしてるってわかってるから隠れているわけでしょ。同性愛者が社会から隠れているのも悪いことをしていると理解してるから。

D:同性愛者と泥棒は全く関係ない。同性を愛しても、誰にも迷惑をかけない。つまり「問題」じゃない。

A:いや、問題。同姓婚は問題。何度も言うけど、子供が残せないから問題。自然の摂理に反している。社会が「発展」するとおかしな問題がたくさん起こる。同姓婚は典型例だ。昔、昔の社会では、強い男が勝ち残ってきた。強くないと生き残っていけなかった。そして、強い男が女を手に入れて、子供が生まれる。男と女とがセットで一つ。これが「普通」。社会が発展すると、この「普通」がおかしくなる。同性愛は発展した社会の問題だ。

D:ちょっと言わせてよ。社会が発展したところで、同性愛者という「問題」がうまれるという話しだけど、たとえばタイなんかは同性愛者がすごく多い。社会は(先進国ほど)発展はしていないのにも関わらず。
あと、男が女を愛して、女が男を愛するのが「普通」というのには、賛成する。でも、物事には常に例外がある。この例外があるということも「普通」。つまり、同性愛者などの「例外」があっても、自然の摂理に反しているわけではなく、それも「普通」ということになる。同性愛者は、全体でも1%しかいない。1%の例外があってもいいんだ。

A:例外があるのが「普通」だとしても、その例外を奨励する(encourage)必要はないのではないか。同性愛を奨励すれば、その数が増えて、人間の摂理を守れなくなる。これまで、同性愛者は社会から隠れていた。なぜ隠れていたか。それは、社会からみて「おかしい」から、社会がそれを受け入れないからである。実際、フランスで同性結婚が認められたが、反対する意見も多い。

D:異論は常にあるとは思う。でも、同姓婚を認めたからと言ってその数は増えないと思うな。アメリカでも、州によっては同性結婚が認められているが、同性愛者の数が増えてるわけではない。

A:それはわからない。同性愛者が社会で認められれば、子供がそれを見て影響される。同性愛でいいんだ、という認識が広がる。そうなると、次第に、同性愛者は増えていく。いまでこそ 1%かもしれないが、5%、30%になることだってあり得る。そうなると、人間は子孫を残せなくなる。

D:それはないよ!30%はあり得ない。そもそも、同性結婚を認めても認めなくても、一定量の同性愛者はいる。結婚が認められれば、その人たちが表に出てくるだけで全体の数は変わらない

A:そんなの20年後、50年後になってみないとわかんない。

D:いや、わかるよ。増えない。

A:わかった。じゃあ、20年後、50年後にもう一回議論しよう。そこでどっちが正しいか確かめよう。
…あれ、50年後、おれまだ生きてるかな?(アニセは現在31歳)

D:そしたら20年後にまた議論しよう。

A:そうしよう。
…同性愛なんて嫌いだ! ≪ Je DETESTE les mariage gay ! ≫


*議論終わり*

本当の議論は、もう少し堂々巡りが多かったのですが、繰り返しになるので省きました。

それにしても、考え方の全く違う人と話をするのは、新鮮で面白いですね。僕は、一貫して同性結婚賛成派ですが、社会にはいろんな考えの人がいるようです。アニセのように、根本的に受け入れられない人がいるのも事実。実際、他のベナン人に聞いても、ホモセクシュアルなんてありえない、という反応でした。

以前、コミュニケーションの講義で、「意見の対立は相互理解のチャンス」と聞いたことがあります。今後、意見の対立も含めて多くの議論をして、ベナン人が何を考えているのかを理解していきたいです。


お読みいただきありがとうございました。
posted by 木村だっくす at 21:48| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして。いくつか記事を読ませていただきました。私も26年度1次隊でベナンに派遣予定の者です。職種は野菜栽培です。
「意見の対立は相互理解のチャンス」とは正にそうだなと感心してしまい、コメントさせていただきました。私はその「意見の対立」によって自分が傷つくのを恐れて、前回の記事にあったように「快適な空間」に籠もっているなと反省しました。だっくすさんを見習って、自分も一歩踏み込むべきなのかなと思いました。
フランス語での談義、素晴らしいですね!語学修得頑張ってください(^^)またの更新楽しみにしてます。
Posted by たかこ at 2013年10月23日 18:31
たかこさん、はじめまして。コメントありがとうございます。
そして、気が少し早いですが、ようこそベナンへ!
後から来るベナン隊の方が、こうして私の記事をしっかり読んでくれていることがすごくうれしいです。
「意見の対立は相互理解のチャンス」とは、駒ヶ根訓練のコミュニケーション講座の一文です。
ここでは、「快適な空間」を抜け出せる機会がたくさんあるので、この絶好の機会を活かしていこうと思ってます。
ベナンや協力隊に関して、何かほしい情報がありましたら遠慮なくおっしゃってください。
自分のわかる範囲で情報提供いたします。今後ともよろしくお願いします。
Posted by 木村だっくす at 2013年10月24日 22:12
読み応えのある面白いブログなのでお気に入りです。ちょっと読んでみて任地もサケテと同じようなのでこのままいくと来年お会いできるかと思います(笑)
私は経験が浅いのでまずは訓練所に入るまでにもっと身につけるべきものを身につけておきたいなと思っています。Twitterもフォローさせていただきました。何かあったらぜひご相談させてください(^^)
Posted by たかこ at 2013年10月27日 22:39
ブログについてお褒めの言葉ありがとうございます。Twitterのフォローもありがとうございます。
任地サケテなんですね!すばらしい。長いお付き合いになりそうですね。サケテでお待ちしております。
Posted by 木村だっくす at 2013年10月30日 15:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。