2013年11月09日

サケテ視学官事務所(配属先)について

11月5日に、サケテ視学官事務所に(ようやく)配属されました。
これで、駒ヶ根から合わせて、約100日間の訓練が終わったことになります。

131101CSSakete.JPG
ここが視学官事務所。


配属先は、とても親切なことに僕の部屋まで用意されていました。

131106bureau1.JPG131106bureau2.JPG


でも、あれですよね、「視学官事務所」と言ってもなんのことかよくわからないですね。ということで、


視学官事務所とは

簡単に言うと、教育省(幼児・初等教育省)の出先機関のことです。

ベナンの行政区分は、一番大きい単位が(当然)国(National)、次に大きいのが県(Départment)、次に市(Commune)、その次が郡(Arrondissement)で一番小さい単位が村(Village)です。
「視学官事務所」というのは、ここでいう市(コミューン)レベルの教育に関わる公的機関。県(Départment)レベルでは、「県教育事務所(通称DDEMP、デダンプ)」設置されています。ベナンの教育関係省庁は、なぜだか3つもあり、視学官事務所の親元となっているは、「幼児初等教育省(通称MEMP、メンプ)」です。

Structure Administratif.jpg
Circonscription Scolaireというのが視学官事務所のことです。


サケテ視学官事務所は、市内の公立小学校92校と幼稚園8校を管轄しています。視学官事務所の役割は、教員研修や財務管理、カリキュラム管理など。

配属先には、視学官(1名)、教育指導主事(3名)、秘書(1名)、会計士(1名)がいて、僕を含めて6人、全員男性です。

視学官は組織のトップ。教育指導主事は、校長などを対象に、教員養成指導などを行っています。


と、こんな環境で活動をすることになりました。

とにもかくにも、とりあえずは、焦らず人間関係の構築から始めたいと思います。


僕が今現在、ここで何をしているのかについては、また別の記事で書きたいと思います。

今日もお読みいただきありがとうございました。にほんブログ村 海外生活ブログ 青年海外協力隊へ
ラベル:活動 学校保健
posted by 木村だっくす at 09:45| Comment(0) | 活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。