2013年12月01日

一カ月経って気付いたこと(羅列)

赴任から約1カ月が経ったということで、
これまでに気がついたことを箇条書きにして羅列してみます。

・昼の日差しは異様に強い。
・昼寝必須。
・自分の(体力の)限界を把握しておくべきである。
・でないと体調崩す(昨日崩した)。

・CP(教育指導主事)は学校保健活動への関心が薄い。
・C/CS(視学官)は教育への想いが強い。

・形式主義(やたらと形にこだわる)。
・権威主義。

・きれい好き。特に掃き掃除。
・良く笑う。
・現地語が大変喜ばれる。

・若い校長が多い。
・子どもが多い。
・先生が少ない。
・学校は子どもよりも先生中心
・先生は子どもを叩くための木の棒を常に持っている。

・子どもはシャイとは程遠い。
・「お金頂戴」ってよく言われる。
・かなり軽々しく言う。
・逆に「お金頂戴」って言うと黙る。
・子どもパン持っている時に、「パン頂戴」って言うと本当にくれる。

・黒人女性は美しい。
・かわいい系もいる。

・挨拶が盛ん(特に電話)。
・しばらく電話しないと怒られる。

・待っていても何も起こらない。
・動くと何か起こる。

・今のところ、この社会、僕に合ってる。


以上です。
詳しい内容は、今度書きます。
と言いたいところですが、書けないかもしれません。時間と体力が許した時に書きます。

手抜き記事ですいませんでした。お読みいただきありがとうございました。
にほんブログ村 海外生活ブログ 青年海外協力隊へ
posted by 木村だっくす at 06:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。