2014年05月26日

任国外旅行の行き先は○○○に決めた。

協力隊の2年間の派遣期間中、自分の任国(ベナン)以外の国に旅行に行ける制度がある。年間20日分、2年間で最大40日分任国外旅行に使えることになっている。

旅費は、一応本人持ちということになっているが、聞くところ普段の生活で浪費していない限り支給される手当の範囲内で旅行にも行けるようである。

旅行先であるが、任国以外のどの国でもいけるかというと、そうではなくて任国によって行ける国が異なっている。ベナンの場合は、セネガル、ブルキナファソ、ガーナ、ガボン、モロッコ、そして日本に行くことが出来る。

これらの国々、どの国も行ってみたくて悩んでしまう。

セネガル、ガーナは西アフリカでは比較的発展している国。ベナンとの違いを見て驚き、ベナンに戻ってからも新たな視点でベナンのことを見れるだろうと期待が持てる。セネガルでは同じ旧フランス植民地の間の差を、ガーナでは旧仏領と旧英領の発展の差を見ることができたら興味深い。

内陸国のブルキナ、中央アフリカのガボンは、おそらくこうした機会でないと行かないような国だからすごく行きたい。気候の違いや人々の生活の仕方の違いなどに着目してみたい。

モロッコは一度行ったことがあるが、フランス語が話せるようなった今行ったらきっともっと面白いだろうなと思うし、旅先で出会った人たちと再会を果たしたい気持ちもある。

日本。会いたい人が山のようにいるし、行きたいお店も、食べたい料理もたくさんあって、行けば大満足の旅行になることは間違いない。一度、日本に戻ることで、気持ちをリフレッシュさせ、より前向きに活動を展開できるようになるだろうと思う。


僕にとっては、これらのどの国も魅力的で、ベナンに来てからというもの「任国外旅行どこ行く?」という会話になるたびに返答に困っていた。

が、最近、ようやく決心が固まった。もう誰が何と言おうと、ここに行こう、というのが決まった。僕は決めた。



任国外旅行の行き先はベナンに決めた。

任国外旅行に使えますよ、と割り当てられた20日×2=40日間は、任国ベナンの任地サケテで過ごすことにした。もっと正確には、サケテにある村で過ごすことにした。

理由はいくつかあるが、要約すると任地サケテの村のことをもっと知りたいと思ったから。村人たちともっと一緒にいたいと思ったから。

20日間で外国の表面的な部分をちら見するよりも、自分の任地にある村の村人たちともっと深く関わって彼らの生活の深いところを見る方が今の僕には魅力的。

今のところ、候補の村が3つ。最近足を運び始めたHoume(フンメ)、水問題が深刻なIgbo-Egan(イボエガン)、ナイジェリア国境の村Apechi(アペシ)。

どこにするにしても、比較的長い期間(1〜2週間)村に泊まり込み、村人たちと生活する予定。

これらの村は、いずれも最近足を運び始めたところなので、まだまだ信頼関係を築いている段階。もっと関わって行って、自分の存在が「あたりまえ」に近くなったら泊まり込みを始めようかなと思っている。学校が長期休暇に入っている8月9月にできたらいいな。


この決断に迷いはない。
任国外旅行だけじゃなくて、ベナン国内旅行すらしない可能性が高くなってきた。それほど、いま僕は、村と深く関わりたい気持ちがある。

村で僕に何が出来るのだろうと悩みに悩んでもいまは何も考え付かないけど、とりあえず現地の人たちの目線に立つこと。しばらくは、それに徹したいと思う。
ラベル:サケテ
posted by 木村だっくす at 08:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。