2014年07月26日

お前は誰のために国際協力をしているのか。

お前は誰のために国際協力をしているのか。
ミレニアム開発目標(MDGs)?
万人のための教育(EFA)?

それとも、日本のため?
活動を支えてくれている日本の納税者?
活動を日本から応援してくれている家族、友人、恋人?

あるいは、JICAのため?
ベナンにおいて、開発の世界において、JICAのプレゼンスを高めるため?
要望調査票(要請)のため?
担当調整員のため?

または自分のため?
キャリアのため?
人から認めてもらうため?

はたまた、ベナン共和国(任国)?
ベナン政府(任国政府)?
配属先(教育省地方組織)?

もしくは…現場の住民?


われわれ(開発関係者)の役割は、最終的な裨益者に貢献することなのだから、「現場の住民」が当然答えになるべきである。特に、現場のフィールドワーカーの自分の立場では、住民が答えにならないなら、やっている意味も資格もない。

言葉の上では、概念の上では、このようなことは理解している。そうだろう?
しかし、はたしてお前は本当にそれが出来ているか?

住民のためといいながら、実際は自分を満足させるため、自分の存在意義を見出すための活動になっていないか。
自分のキャリアにプラスになるように、企業での就職活動の面接で話せるように、開発専門家になるための履歴書に書くための活動になっていないか。
配属先の同僚、上司のため、配属先の成果のために活動をしていないか。
もしくは、コトヌーから活動を見守るJICA事務所関係者(調整員、所長等)、日本の人たちに「魅せる」ための活動になっていないか。


現場で実感すること
一人の人間、生活のある人間として、完全に無私な姿勢で国際協力をするというのは難しい、というのは現場に来てから実感する。将来どう食べていくか、どうやって家族を養うかを考えると、ちゃんとした職につけるように、職に結び付くような活動をすべきでないかという考えも浮かぶこともある。

自分の他にも、「開発」には、多様なアクター(stakeholder)が関わっているということは現場で実感する。冒頭に挙げたアクターあるいは目標は、大小の違いはあれど、どれも自分の活動に関わっている。そして、これらのアクターや目標は、一見同じ方向を向いているように見えて、実際はそれぞれの利害のために動いていて、十把一絡げに捉えることは出来ない。配属先と事務所の意向が違う場合もあるし、事務所内でも自分の活動に理解を示してくれる人、くれない人がいる。現場レベルでも配属先の視学官事務所と市役所、住民のそれぞれが異なった意見を持っていることもある。多様なアクターの中にいて、程度の差こそあれ、活動にあれこれ注文をつけられることや、批判・批評をされることも少なくない。

また、現場で感じるのは、楽しいことばかりではない。苦しいことや悩むことも多い。住民のため、とは分かっていても自分とは何もかもが違う住民との関係に疲れたり、苛立ったりすることもある。自分の存在意義がわからなくなることもしょっちゅうある。

自問自答
自分をかわいがることなく、自分に厳しく、住民と真摯に向き合う、その覚悟がお前には出来ているのか?様々なアクターから出される注文や批判、批評を気にすることなく、住民のために活動を捧げる覚悟が出来ているか?その覚悟を実行に移す決断力、行動力を持っているか?行動を起こしたことに自己満足せず、見落としているもの、取り落としているもの、欠けているものを見つけようとしているか?

理想論として「誰を向いて活動すべきか」、
そして、
現実問題として「誰を向いて活動をしているか」。
お前は誰のために国際協力をしているのか?
本気でやるための、自問自答。
posted by 木村だっくす at 15:17| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして!いくえと言います!
先日、26年度4次隊としてベナンへの派遣が決まりました。今、いろいろと準備をしているのですが、資料も多く、現地のこともあまり分からないため不安が多くあります。もし宜しければ、ラインなどで情報を教えていただけないでしょうか?(*_*)
Posted by いくえ at 2014年08月12日 22:19
いくえさん、はじめまして。コメントありがとうございます。返信が遅くなってすいません。
そして合格おめでとうございます。
現地のことが分からない中、準備するのは大変ですよね。私も同じような思いをしていたのを記憶しています。知りたいことがありましたらなんでも聞いてください!出来る範囲で答えたいと思います。ただ、ラインはやっていないので、パソコンメール(dax.kimura714@gmail.com)もしくは、お手紙(宛名KIMURA Shota 住所B.P.146, Sakete, Republique du Benin)でお願いします。
Posted by 木村だっくす at 2015年01月18日 08:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。