2014年09月06日

エボラ退避の流れとその時々の思い考え2(ドミ滞在序盤〜中盤)


前回の記事
エボラ退避の流れとその時々の思い考え1(疑い発生〜コトヌー退避)


8月8日〜 コトヌー隊員連絡所(通称ドミ)宿泊開始。日本人の気遣いに戸惑う、滞在序盤。

様々な思いを抱えながら、タクシーを降り、ドミの扉をあける。他の隊員10名ほどがすでに到着していた。初めて会う新隊員や見慣れた顔もそこにはあったが、それぞれが違った心持でいるようだ。すぐに任地に戻れるだろうと楽観的に考えている者、みんなのために料理をしている者、ちゃんと配属の日を迎えられるのだろうかと心配する新隊員や仲間と談笑している者もいる。最悪の帰国も考えて上がってきた者は少ないようである。

間もなく、JICAから状況説明を受け、当面の措置として不要不急の外出は禁じられた。ナイジェリアのエボラがどこまで感染拡大しているか全く分からない状況下において、隊員の感染リスクを最大限抑えるためのこのJICAの措置は適切である。エボラの感染経路を考えると、ドミ生活での感染リスクはゼロに近い。

自分自身の感染の危険性が低いとなると、残る不安は、感染がベナン国内にも拡大することによる国外退避である。そこで咄嗟に、ベナン人のエボラ感染も不安だ、と付け足してみるが、これはそう考えるべきだと考えた結果として言っているだけで、きっと俺の本心ではない。


ドミでの共同生活が始まる。早いようで遅いようなテンポで一日一日が進んでいく。


これまでベナン人の中で生活していたから、正直言って、久々の日本社会には戸惑いを隠せない。みんなすごく人が良くて、他人のために働けて、気が遣える人ばかり。女性が多いのも影響しているかもしれない。とにかく、みんながみんなにすごく気を遣い合っている印象を受ける。きっと、日本人にとっては当たり前の気遣いなんだろうけど、ベナン社会で生活してからこれに触れると「みんな気を遣い過ぎていないか?」と思ってしまう。気を遣われるとこっちも同じレベルで気遣いをしなきゃいけないのかなという気がしてくる。もっと図々しい人が多いくらいの方が気持ちは楽かもしれないな。

ベナンの人たちは、良い意味で図々しく、人に頼るのが上手。対等な関係であれば、言いたいことは言えるし、笑ったり怒ったりの感情表現もうまく、ネチっこさがない。気を遣うことは上手ではないが、その分、楽に、ストレスが少ない人間関係を気付いているような気がする。ドミの様子をみていると、日本人は、みんなが気持ちよくストレスなく生活できるように気を遣い合っているが、そのせいで気を遣わなくてはいけない環境を生み出し、かえってストレスを感じる生活を送っているように思える。


8月11日(月)〜 ドミでの生活、現場から離れていく感覚、そして自分を見つめ直す滞在中盤。

ポルトノボで死亡した患者がエボラ陰性であったことが判明した。これにより、ベナンには一件もエボラの例が出ていないことになり、少し安心する。ドミ滞在は31日まで、とされた。外出できる範囲が少し広まった。


大都市コトヌーの一等地に位置するドミとその周辺は、全く異世界であった。ドミでは、明るい電気がこうこうと光り、機械が服を洗濯し、自由にインターネットが出来て、日本語が聞こえる。街の人々の着ている服や振る舞い、人と人との距離感も違う。サケテでは道端で簡単に買えるような生活物資が見つからず、小腹が空いたらスーパーで綺麗に包装された、どこで作られたかわからないようなビスケットを食べ、一回の食事で普段の何十倍のお金を支払う。フランス語を話すことも少なく、ましてやナゴ語を話す機会もほとんどない。一日過ぎるごとに、せっかく近づいていたサケテの人々の生活から離れていく感覚を抱く。現場から離れていく…

こうした不安の一方で、一日中ドミにいなくてはいけない状況は、普段出来ないことをする良い機会でもあるのでは、とも思い始めた。ドミには前の隊員が残していったたくさんの本やDVDがあるし、あまり話したことがない他の隊員とも話が出来る環境だ。また、これまでベナン人相手にやってきた、もしくは、やろうとしてきたコミュニケーション(具体的には、話しをよく聞くだとか、相手の目線に立って物事を捉えてみるだとか)を日本人相手に試す機会としてはもってこいの機会でもある。

また、自分自身と向き合う機会とも言える。これまでのベナンでの生活や活動を振り返り、今後の生活活動をどう展開していくかについて考える時間がある。もっと根本的に、つまり要請とか配属先とか関係なく、ベナンで何がしたくて、ベナンのどんなところを見たいのか。もっと言えば、そもそも自分の大切にしている価値観とは何か、どういう人生を歩んでいきたいのか。これらのことをゆっくり見つめ直すのに、ドミ生活はとても良い機会なのでは?
posted by 木村だっくす at 09:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。