2014年09月09日

エボラ退避の流れとその時々の思い考え5(退避明け〜最後に)


これまでの記事
エボラ退避の流れとその時々の思い考え1(疑い発生〜コトヌー退避)
エボラ退避の流れとその時々の思い考え2(ドミ滞在序盤〜中盤)
エボラ退避の流れとその時々の思い考え3(ドミ滞在終盤)
エボラ退避の流れとその時々の思い考え4(帰任許可〜帰宅)


8月29日(金)退避が明けて

昨日までの弾んでいた思いとは裏腹に、ゆっくりと動き出す。

ゆっくり動き出す意図があったわけではなく、気がつくと10時近くになっていたのである。昨日までの疲れも影響しているかもしれないが、それよりもサケテの人たちとの関わりが上手くできるか不安だからだと思う。どこ行ってた?どうして?何持ってきてくれた?と間違いなく聞かれるだろうし、それらにどうやって答えようか、んー、ああ答えよう、いやこう答えようと考えているうちにいつの間にか時間が経っていた。

重い腰をあげて、町に出る。いつものルートを、いつもよりたっぷり時間をかけて歩く。家を出てすぐのヤーベジのところ、アイシャ、オモエイボのところでの会話、ヤーショラ、モスケ前でいつもの関わり、市役所の人たちとの会話、ママモヨ家でのゆっくりとした時間。ゆっくり、サケテの人々と接することが出来る幸せをかみしめながら、時間を過ごす。どこに行っても、アラデ!ショウタ!と言ってくれる人たちがいて、改めてサケテにいられる喜びを感じる。

それと同時に、悲しみともとれるような複雑な感情も抱く。俺は、2年間という期間限定でこの町に留まっているだけなんだ、と。町の中に溶け込むために、可能な限り同じ言葉を話し、同じ服を着て、同じ髪型をし、同じように調理や洗濯をし、同じように踊り、同じように会話に時間をかけてきた。でも結局俺は、「帰るべき場所」がある外部者、彼らの長い歴史の中にほんの一瞬だけ顔を出した外国人でしかない。エボラが来ようが来まいが、ここにいなければならない彼らとは対照的に、俺は、何かの危険があったら逃げだす事の出来る存在なんだ。俺は、彼らが辿るべき運命を背負っていない、ただの外部者にすぎない。


最後に

ここベナンでの生活では、日本の生活とは比べ物にならないほど、五感を刺激され、思考を促され、感情を揺さぶられる。幸福な気持ちを感じていた矢先、苛立たされたり、少し沈みかけていると、そんな俺をふっと浮かびあがらせてくれたりする。日本にいるより生身の人間と関わることがはるかに多いここでの生活は、それに伴う喜怒哀楽もそれぞれ強く感じることが多い。決してここはユートピアではないし、ましてや地獄でもない。生身の人間が息づく現実世界である。

喜びや怒り、悲しみや楽しさ、いろんな感情が日々めまぐるしく渦を巻く。しかし、少なくとも今の俺にとっては、そうした喜怒哀楽を、ここの、ベナンの、サケテの人たちに対して感じられていることは幸せなことなのではないか。そう考えている。


きっと今回のエボラ退避は神の仕業に違いない。サケテにいられることをもっと感謝しろよ、サケテの人たちを大切にしろよ、サケテでの生活をもっと大事に過ごせよ、そういうメッセージに違いない。なるほど、ようやくわかった。
Dieu est grand. アッラーアクバル。南無阿弥陀仏南無阿弥陀仏。ありがたいありがたい。
posted by 木村だっくす at 15:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。