2014年12月14日

小馬鹿

現地の人々と話すと、特に初めて話す相手や付き合いが浅い相手の場合、小馬鹿にされたような態度を取られることが少なくない。
うすら笑いを浮かべながら、ジロジロこちらを見て、仲間内で私について何か話している。現地語で話しているため会話の内容は分からないが時々エイボと「白人(黒人以外の外国人)」を意味する言葉が聞こえてくるので私について話しているのは明白だ。一通り目の前の白人の噂話が終わったら、次に彼らの口から出てくるのは「何かくれ」という言葉である。その言い方は非常に軽々しく、さきほどのうすら笑いを浮かべながらなので、何かくれという要求も白人を小馬鹿にする一つのやり方なのだろうと想像する。この要求は、半ば冗談、半ば本気な言いぶりで、くれたらラッキーくらいの感覚で話しているものと思われる。この私の目には失礼に見えるこうした現地の人々のコミュニケーションは、ひどく私たち外来者を苛立たせる。外来者の反応は、小馬鹿にした態度に苛立ち怒りだすもの、無視して通り過ぎようとするもの、逆に相手を小馬鹿にするもの、一緒になってふざけ始めるものなどまちまちである。

人を小馬鹿にしたような態度には、赴任から一年経った今でも私は時々苛立ってしまうのだが、最近は、こういう態度は現地人式の一種のコミュニケーション方法なのかもしれないと思うようにもなってきた。小馬鹿にしたり、金くれと言ってみたり、半ば冗談半ば本気の言葉を外来者に投げかけることを通じて、その外来者がどういう人物かを判断しているように思える。真面目すぎる奴か、または一緒にふざけ笑いあえる奴なのか、仲間になりうる奴か、はたまたお金を落としていくだけの奴なのか、そういう判断をしているように思えるのである。実際、現地人同士で会話しているのを見聞きしてみても、相手のことを小馬鹿にすることが多い。数人で一人の人をこれでもかというくらい馬鹿にすることもあれば、お互い馬鹿にしあったりすることもある。また、こうした彼ら流の冗談についていけず、冗談を真に受ける外来者に接した場合、外来者をIl est sérieux. (彼はまじめだ)と言う評価を口にすることもある。このsérieuxは、良いニュアンスではなく、どちらかというと、真面目すぎる、面白みがないという意味を込めたある種の否定的な言葉である。

小馬鹿にした態度は、相手との付き合いの深度によって若干ニュアンスが違ってくることにも気が付いてきた。初めて話す相手、付き合いが浅い相手だと、それこそ「あの外人をからかってやろう」というニュアンスが強いのだが、一緒にいる時間が長くなってくると現地の人同士でふざけあう感覚を私に投げてくる場合が多くなってくる。付き合いが深まり、互いの身の上話からかなり下品な下ネタまで様々な話が出来るようになると、そうした仲間内のコミュニケーションの一部に、小馬鹿にする、というものが位置を占めるようになる。つまり、現地の人々にとって小馬鹿するという行為は、コミュニケーションの一部、言い換えれば、信頼関係を構築するプロセスの一部と捉える事が出来るのではないだろうか。したがって、私たち外部者は、小馬鹿にした態度に苛立ち、彼らと距離を置くのではなく、それも彼らとのコミュニケーションだと考えて積極的に小馬鹿にし合っていけばいいのかもしれない。そう思うようになってきた。

まぁ、そうは言っても、苛立つものは苛立つのであるが。
posted by 木村だっくす at 17:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。